や行

USB

USB(ユニパーサルシリアルバス) は、 元々、 デジカメやプリンタなど周辺機器と呼ばれる機器をパソコンと接続するための規格であり、Windows 98 が標準で USBに対応したことで、 幅広く利用されるようになりました。 平たい方のコネクタをA型、四角い方をB型と呼びます。B型コネクタよりミニサイズのミニBもあります。

-や行

© 2021 ハセオのFA業界IT百科事典