わ行

ワークサンプリング法

ある時点での観測対象が作業内容のどの状態にあったかという瞬間観測を何回か行い、観察記録の回数の割合から各作業時間がどのくらいであるかを統計学的に推定する方法です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-わ行

© 2021 ハセオのFA業界IT百科事典