は行

PROFINET

PROFINETは1999年にプロフィバス協会より発表された産業用のEthernetプロトコルです。PROFIBUSと同様にPROFIBUS & PROFINET International により管理されています(日本では、日本プロフィバス協会が普及に取り組んでいます)。

PROFINETは3つのパフォーマンスレベルに分類して管理することでモーション制御のような高速同期制御から、汎用的なEthernetとの共存を実現しています。

NT(Non Real-Time)

TCP/IPをベースにした通信で、最も優先度が低いレベルになります。リアルタイム性を必要としないようなパラメータの読み書きなどに使用されます。

RT(Real-Time)

VLANの機能を使用して通常のNTのデータと比較してRTのデータを優先して通信し、10 ms程度のリアルタイムネットワークを構築します。

IRT(Isochronous Real-Time)

RT以上の定時性を実現するためのプロトコルでネットワーク間をジッタ1 us以下でタイミングを同期することができます。IRTを実現するためにはPROFINET用の専用ASICを使用して通信帯域を分割する必要があります。

配線方法

汎用的なイーサネットをベースにしています。汎用Ethernet通信と混在して使用できます。

通信プロトコル

PROFINETでは異なる3つの通信方法を使用してネットワーク全体を管理しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-は行
-

© 2021 ハセオのIT百科事典