た行

チップ抜け

スポット溶後のトラブルの一種。

スポット溶接はロポットの先に「溶検チップ」を取り付けて行う。ナップ内にはストローのような流路があり冷却水が入るが、部路が細い為、前まりが起こる。そのまま溶校すると溜まった水が急激に加熱され沸勝し、体積が膨張する為、チップが抜け、水蒸気が噴射する事故につながりかねない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-た行

© 2022 ハセオのIT百科事典