さ行

サーバの処理能力を向上させる施策

サーバの処理能力を向上させる施策には「スケールアップ」と「スケールアウト」という2つのアプローチに大別されます。

スケールアップ

サーバを構成する各処理装置をより性能の高いものに交換したり、プロセッサの数などを増やすことでサーバ当たりの処理能力を向上させる。追加・削除・更新処理が頻繁に発生するなど、並列実行による負荷分散が困難なシステムに適している。

スケールアウト

接続されるサーバの台数を増やすことでサーバシステム全体としての処理能力や可用性を向上させる。同等の性能アップであればスケールアップよりも低コストであることが多い。

更新処理(追加と削除も含む)を伴う機能を複数のサーバに負荷分散すると、整合性維持のための処理や排他制御による遅延が生じ、効果的な性能向上に繋がりません。このため更新処理がメインのシステムにはスケールアウトは不向きです。スケールアウトが適するのは、更新処理の整合性要件が緩い、かつ、個々に独立し並列実行が可能な処理を扱うシステムです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さ行

© 2022 ハセオのIT百科事典