ら行

リーンソフトウェア開発

トヨタ生産方式が生んだ「7つのムダ」の基本理念を発展させたリーン生産方式を、ソフトウェア開発に適用した手法です。ソフトウェア開発に潜む ムラ(ばらつき)・ムリ(不合理・過負荷)・ムダ(付加価値のない作業) を排除することを中核に据え、生産効率と品質の最適化を追求することを目的としています。リーン(lean)は、痩せていて脂肪のないこと、無駄がなく引き締まっていることなどを意味します。

リーンソフトウェア開発を支える「7つの原則」は次の通りです。

  1. ムダをなくす
  2. 品質を作り込む
  3. 知識を作り出す
  4. 決定を遅らせる
  5. 速く提供する
  6. 人を尊重する
  7. 全体を最適化する

さらに、これらを実現するための「22の思考ツール」が挙げられています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ら行

© 2022 ハセオのIT百科事典