は行

半導体

代表的なものとしてシリコンがあり、 半導体製品の多くがシリコンを主原料としている。純粋なシリコン結晶は「電気がやや流れにくい」という程度の性質しか持たないが、これに微量の弱素(など3価の元素)を加えることでp型半導体を、微量の就素(など5価の元素)を加えることでn型半導体を作ることができる。ダイオートやトランジスタといった半導体素子に実際に使われるのは、このp型半導体、n型半導体である。半導体は温度によって導電率が変化する性質を持っており、 電子機器が高熱を嫌うのはそのためである。なお、通常「半導体」と言った場合、 半導体そのものではなく、半導体を用いて作られたダイオードやトランジスタ、またそれらの集積回路であるICなどを指すことが多い。電気を通しやすい 「導体」 と電気を通さない 「絶縁体」 との中間の性質を持つ物質。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-は行

© 2021 ハセオのIT百科事典